肌に1週間歯磨き粉を使う驚きの効果

どの家にもあり、毎日使っている歯磨き粉が、肌にできてしまったニキビを早く治すことができるという驚きの使い方が話題になっています。歯磨き粉の成分が、ニキビを乾燥、殺菌し、悪化を防ぐことができるというのです。1週間ほどで治るといわれていますが、早い人なら1日で効果を実感できることもあるというので、一度試してみたい方法です。
ニキビに歯磨き粉を使う場合には、ぬるま湯を使ってしっかり洗顔することがポイントです。肌に皮脂が残っている状態だと効果が半減してしまうので、しっかり洗い流します。歯磨き粉指先に、小さな豆粒ほどの、少量の歯磨き粉を取って、ニキビに乗せます。肌が乾燥しすぎてしまう人や刺激を感じる人もいるので、初めは、10分から15分ほど乗せてみて、大丈夫だったら、1時間程度そのまま放置してみると良いでしょう。問題がなければ、1~2時間ほど乗せておくとよいのですが、寝る前に付ける場合には、そのまま眠ってしまっても大丈夫です。
濡らしたティッシュなどで肌の上で固まっている歯磨き粉を優しく拭いて、ぬるま湯でしっかり洗い流します。肌の乾燥を感じるようなら、刺激の少ない化粧水などを使って保湿することがおすすめです。ニキビに使う歯磨き粉は、真っ白の物を使いましょう。色がついている物やジェルタイプは避けて、白いごく普通の歯磨き粉のしようがおすすめです。フッ素が含まれている物が多いのですが、フッ素に過敏に反応する人もいるので、できるだけフッ素が少ないものを選ぶことがおすすめです。また、ホワイトニング効果が高いものも避ける方がよいでしょう。歯磨き粉を続けて使う場合には、肌を傷めてしまう可能性があるので、1週間に3~4回程度にとどめておきましょう。