美肌になるには睡眠が大事

「睡眠はお肌の敵」と言われるほど、睡眠が肌の調子に大きな影響を与えていると言われていますが、実際にどのような影響があるのでしょうか。
肌には「ゴールデンタイム」と呼ばれる時間があります。午後10時~午前2時のことで、ストレスや紫外線などによって傷ついた肌を補修し、美肌の素となるコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促す成長ホルモンが分泌されていると言われていました。肌のゴールデンタイムにしっかりと睡眠を取る女性ゴールデンタイムに睡眠をとらなければ肌の補修に必要な成長ホルモンの分泌が行われないため、その時間にしっかり眠らなければならないと言われていましたが、現在では睡眠の質が大事だと言われるようになっています。
成長ホルモンが肌の補修を促すことは変わりないのですが、睡眠を始めてから3時間の間に成長ホルモンが分泌されるため、その3時間がゴールデンタイムであるというデータが発表されました。そのため、睡眠から3時間という時間にしっかりと睡眠をとることが大事だと言われていて、途切れることなくぐっすりと眠ることが重要です。一度寝付いてもまた目が覚めてしまう時には、その分だけ成長ホルモンの分泌が行われなくなってしまうのです。
質の良い睡眠をとるために、寝る直前の飲食は避けるようにします。睡眠に使われるエネルギーが食事の消化に使われてしまい、眠りが浅くなってしまいます。入浴も1時間ほど前までに済ませる、アロマなどを使ってリラックスしたり、ストレッチを行うことで身体の緊張をほぐし、しっかりと深い睡眠をとれるようにしましょう。眠る直前までパソコンやスマホを使うのも、睡眠に良くありません。なるべく30分~1時間前にはパソコンやスマホの利用をやめるようにしましょう。